スポンサーサイト

Posted by ストレートマン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年を振り返って

Posted by ストレートマン on 31.2011 マラソン 3 comments 0 trackback
2011年、
今年もあっという間に過ぎたなぁ、と表いましたが、
改めて出場した大会を振り返ってみると、もっと昔のように思います。

2011年参加大会の全記録を振り返ってみます。

1月30日 神戸シティマラソン(10km)40分33秒

 >40分切りの壁は厚い!!

2月6日 別府大分毎日マラソン(フル)DNF

 >初めて関門にひっかかって収容車で涙する・・・。
  さんふらわぁ号での旅、久しぶりの大分は楽しかったけど、
  交通違反切符を切られたり、総じて”ほろ苦い旅”でした。

2月20日 海部川風流マラソン(フル)3時間29分04秒

 >2週間のブランクでのフル参戦は初めて。感覚的にはそれほど疲労はなかったけど、
  後半はふらふら・・・。3時間30分を切るのがやっとでしたが、
  やはりレース自体は楽しいものだった、という感じです。

6月12日 みかた残酷マラソン大会(24km)2時間04分51秒

 >初参戦。ユニバーSCの皆さんと参加しましたが、皆さん速くて、
  自分のダメっぷりに凹んで帰って来た印象しかない。
  来年、成長したかどうかを確かめるために参加してもいいかな。

7月3日 須磨アクアスロン大会(午前の部)【記録、忘れました】

 >初めてのアクアスロン挑戦!とは言っても300mのスイムと3kmのラン。
  ちゃんとクロールした記憶がないぐらい、スイムは大混戦だった。
  距離も短いし、8月のオープンウォータースイムへの布石という感じだったかな。

8月21日 姫路家島オープン・ウォーター・スイミング大会(3km)【記録、忘れました。】

 >初めてのOWS。アクアスロンに出たとは言え、3kmを泳ぐという事に対しては、
  直前まで本当に怖かったです。
  今年はウルトラにも挑戦しましたが、自分としてはこの大会が一番の挑戦だったと思います。
  「やってやれない事はない」と実感。

9月18日 歴史街道単語100kmウルトラマラソン 13時間40分46秒

 >夏のチャレンジを締めくくる最後の”初”チャレンジ。
  感想できりゃいいや、という気持ちで参加しましたが、正直、心のどこかで
  「普通に走りゃ完走はできるでしょ」という思いがあったように思います。
  ゴールしたときは感動しましたが、
  もっと死にものぐるいで走ったら良かった、もっと走れた、という後悔の念が・・・。

10月29日 明石市・無錫市友好都市提携30周年記念 駅伝大会【チーム:3位!】
 
 >ユニバーSCで参加し、3位入賞。
  気軽に出たのに、高橋尚子さんとの記念写真撮影や、直筆サインももらい、最高に楽しかった。

11月6日 とくしまマラソン2011(フル) 3時間24分15秒

 >”とりあえず”納得のレースで自己ベスト。
  もう少し「走る度にベスト更新」は続けられそう~。

11月20日 神戸マラソン(フル)5時間33分47秒

 >TV「逃走中」のハンターをイメージし、スーツとサングラスでフルマラソン完走。
  大いに楽しませてもらいました。
  写真を見た客先の方には「遊びすぎですよ」って言われちゃいました。

11月27日 明石市リレーマラソン大会

 >10月と同じ明石公園でのリレーマラソン。同じくユニバーSCで参加。

12月6日 美郷一周駅伝大会(3区 16分51秒)

 >地元のチームで参加。今年も3区を自分、4区を妻が走りました。
  タイムも大幅に更新できたし、楽しかった。
  2011年最後の大会、いい締めになりました!


今年1年、いろんな大会で共に走ったみなさん、ありがとうございました。
来年も、ぼちぼち走って行こうと思います!
フルマラソンは自己ベスト更新。
相変わらず、地道な更新を続けていますが、こんなもんで充分っす。
10km、ハーフはそろそろベスト出しておきたいです。
来年の目標はまずそこですかね。


そして2012年は、ブログのお引越しをしようと考えています。
もっと更新するつもりですので、
ご愛願のほど、宜しくお願い致します。
m(_ _)m

それでは皆さん、良いお年を!


関連記事
スポンサーサイト

マラソンって遅い人ほど悲惨な目に遭うのか。

Posted by ストレートマン on 03.2011 マラソン 3 comments 0 trackback
神戸マラソンと同日に開催された、
東日本大震災復興支援 ふじのくに新東名マラソン
なんか凄い事になってますね。

悪い意味で歴史に名を刻んだ大会になってしまったようです。

給水がなくて、救急搬送された方が多数いて、マスコミにも取り上げられていました。
正直「そうなんだ」程度に流してたんですが、
RUNNETの大会レポを見たら・・・・悲惨すぎて絶句。

水がなくなった、という事が以外に、
「トイレに紙がない」「ずざんな運営」「運営側の横暴な態度」などなど、
数え上げたらキリがないくらいの悪評ばかり。

アレもコレもって、細かいことが全部腹立ってきた、ということもあるのかもしれませんが、
こんな大会レポ見た事無いですね。。。

で、
こういう時に悲惨な目に遭うのは遅いランナーである、
ということが凄く気になります。

制限時間を緩く設定する=初心者ランナーが参加しやすい

ということですが、少なくともこの大会のレポを読む限り、

制限時間を緩く設定する=多くの人数のエントリーを促す=お金が集まってウハウハ

と思われても仕方がないような結果になったようです。
遅いランナーにとっては、レース中には水やトイレの紙がなくなり、
ゴールしてゆっくしようと思ったら、
出展されていた出店も閉店して撤収していた・・・・と。
もう踏んだり蹴ったり・・・。


神戸マラソンは最後尾からスタートして、水分不足や補給食不足になり、
こういう事があるんだ、ということを経験して、
いつも走ってる大会でも、後ろの方の人はどうなんだろう・・・って考えてしまいました。

地元の大会の良さをアピールしてしまいますが、
RUNNETでも毎年評価が非常に高い、
とくしまマラソン、海部川風流マラソンって、ほんとに凄いんだなぁ、と改めて思いましたよ。
ふじのくに新東名マラソンは初回ということも考慮すべきところかもしれませんが、
とくしまも海部川も、1回目から良かったと思うんですよねー。

いやいや、ほんっとに、大会レポート見てみてください。
マラソン大会って・・・・・って、色々考えさせられますよ。

前述のとおり、悲惨な目に遭うのは遅い(初心者)ランナーであるという現実。
なんだかなぁ。。。

ふじのくに・・・では、参加された方のレポートを読む限り、どうも
「走らせてやってる」という運営側の空気が伝わってくるのですが、

ランナーも運営側も、お互い謙虚でありたいですよね。

それに尽きるかと思います。


ん? 謙虚?

そうだ、

家族にも謙虚に、「走らせてください」「泊まりで行かせてください」

という気持ちも忘れてはいけませんね~。

来期はちょっとレース減らそうかな、と思ったりしてます。

関連記事
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。